1. ホーム
  2. 輸出
  3. 仕向け地別 D/R作成要綱

仕向け地別 D/R作成要綱

Dock Receipt 作成時の注意事項  当社B/Lの規定
仕向地 注意点 適用開始日
全仕向け地 下記項目の品名欄へ記載は不可とさせて頂いております。

記載された場合は強制的に削除させて頂きますのでご了承お願い致します。

 ・発行形態がB/L指定の場合に、Swa Waybillであることの文言

 ・「SURRENDER」、「ORIGINAL ISSUE」等のB/Lの発行形態を表す文言

 ・「CLEAN ON BOARD」、及びそれに準ずる文言

 ・Reeferコンテナの設定温度

 ・インボイス金額(No Commercial Valueも不可)

Consignee欄とNotify Party欄にはTEL NO.とFAX NO.を入力願います。

こちらは必須項目ではありませんが、仕向け地でのArrival Notice(貨物到着通知)の送付のため必要となりますので、極力記載頂きますようお願い致します。

L/C条件等で記載が難しい場合は、弊社マニフェスト(税関提出データとArrival Noticeに反映)には
TEL NO.とFAX NO.を記載し、B/L上にのみ記載をしないようにすることが可能です。こちらの方法をご希望される場合は、D/R上にはTEL NO.とFAX NO.を記載頂き、D/R送付先の代理店へB/L上から削除するよう指示を頂ければ結構です。

-
ドキュメントCUT対象港
仕向地 注意点 適用開始日
煙台

石島

威海

龍口

上海(門司出港のみ)

厦門
中国24時間ルールの規定により、日本側の本船入港24時間前までに輸入港の税関に事前マニフェストを送付する必要がございます。

事前マニフェスト送信のため、CY CUTより早い段階でドキュメントCUTを設けております。

各港航路ごとのドキュメントCUTの日程は、弊社ホームページの輸出ロングスケジュールより確認お願い致します。

輸出ロングスケジュール http://www.sitc.co.jp/export/ls_ex

-
Dock Receipt 作成時の注意事項  各税関からの通知
仕向地 注意点 適用開始日
大連 1. 品名の前にPackage Type、個数、荷主連絡先、その他運送約款(CY-CY)等の情報の入力が認められないため、付随情報は、品名の後に記載願います。



2. 品名欄には、具体的な品名(輸出統計品目表上の品名)の記載が必要となります。大連での通関書類上の品名(中文)とマニフェスト情報の内容が一致していなくてはならないため、品物の総称だけでなく、具体的な品名を記載願います。

例)

・品名欄の記載が「FABRIC & ACCESORIES」の場合、生地の種類やアクセサリーの具体的な輸出統計品目表上の品名を記入願います。

・品名欄の記載が「USED MACHINES」の場合、どのような用途の機械なのか具体的な記載願います。

・「AS PER ATTACHED SHEET」と記載し、アタッチシートに品名を記載する場合、FCL貨物で品目が多い場合は、主要な品名を何種類か品名欄へ記載後、「ETC」と記載願います。

・混載貨物で品名が複数ある場合は、「CONSOLIDATION CARGO」の文言を品名欄に記載し、品名の詳細は、アタッチシートへ記載願います。
2013/7/18
煙台 品名欄に「AS PER ATTACHED SHEET」と記載し、
内容をPDF等のアタッチシートに記載することは、原則禁止であるとの通知がされておりますが、実際は下記の運用となっております。

ただし、今後の税関からの規制強化により、急遽不可となる可能性もございますことをご了承願います。

・CONSOLIDATION CARGOの場合

「CONSOLIDATION CARGO」+「AS PER ATTACHED SHEET」と記載し+残りの内容をPDF等のアタッチシートに記載

問題無く税関での手続きが進められております。

・CONSOLIDATION CARGO以外の場合

アタッチシートは認められておりません。

D/Rに全ての品目を記載頂いた後、弊社のB/L上の表示可能行数を超えたために、
アタッチシートに移動した場合は、税関データ上ではアタッチシートと認識されないため問題ございません。

品名欄のみへの規定ですので、Case Mark欄には制限はございません。

2016/8/10
青島 Shipper欄とConsignee欄へは住所を記載願います。
Consignee欄が「TO ORDER」の場合は、Notify Party欄に名称と住所を必ず記載願います。
2013/11/1
青島への本船到着後は下記のB/Lセパレートは禁止されておりますので、
D/R作成時にセパレートを完了するようお願い致します。

・Shipping Termが、「CFS-CFS」と「CY-CFS」であるB/Lのセパレート

・1台のコンテナの内容を2件以上に分けるB/Lのセパレート

2014/1/22
危険品コンテナと普通品コンテナを1件のB/Lにまとめることが禁止されておりますので、分けて作成頂くようお願い致します。

なお、普通品と危険品を1台のコンテナに混載することは問題ございませんが、その場合は危険品コンテナ扱いとなります。


例 1)

20′ x 2 のBooking

①普通品コンテナ(20′ x 1) → B/L ①

②危険品コンテナ(20′ x 1) → B/L ②


例 2)

20′ x 2 のBooking

①普通品コンテナ(20′ x 1)         → B/L ①

②危険品・普通品混在コンテナ(20′ x 1) → B/L ② (危険品コンテナ扱い)
2014/4/1
新港 Case Mark欄、並びに品名欄への漢字表記が認められないため、英語表記で記載願います。

PDF等のアタッチシートへの漢字表記は現状問題ございませんので、必要があればアタッチシートへ記載をお願い致します。
2013/11/1
連雲港 品名欄への「AS PER ATTACHED SHEET」のみの記載が認められないため、品名を記載願います。

また、「AS PER ATTACHED SHEET」の文言は品名の後に記載するようお願い致します。
2013/1/1
上海 Consignee欄とNotify Party欄へは必ず住所を記載願います。

Notify Party欄が「SAME AS CONSIGNEE」の場合でも住所の記載が必要となります。
2014/6/28
寧波 Consignee欄が「TO ORDER」の場合は、Notify Party欄に名称と住所を必ず記載願います。 2014/5/1
BOOKING1件につき、B/Lが3件以上分割となり、かつコンテナが2本以上となる場合、
下記のパターン以外は寧波側の税関システムで対応不可となり、貨物が引き取り出来ない可能性がございます。
必ず下記のパターンにて作成をお願い致します。
ningbo
2013/9/1
品名欄に「AS PER ATTACHED SHEET」、または「CONSOLIDATION CARGO」+「AS PER ATTACHED SHEET」と記載し、

残りの内容をPDF等のアタッチシートに記載することが原則禁止となっておりますので、全ての品目をD/Rの品名欄に記載願います。



品名欄の文字制限は256文字となりますので、それを超える場合はB/Lをセパレートが必要となります。



D/Rに全ての品目を記載頂いた後、弊社のB/L上の表示可能行数を超えたために、
アタッチシートに移動した場合は、税関データ上ではアタッチシートと認識されないため問題ございません。
2015/7/2
CY-CFS、及びCFS-CFS貨物の場合、Consigneeの連絡先(担当者及び電話番号)を必ず記載願います。

正確な中文品名を現地税関へ申告する必要があるため、記載されたConsigneeへ確認致します。
2016/1/7
厦門 コンテナにシールNO.が存在しない場合(FRAT LACK等)は、シールNO.を空欄にするようお願い致します。

「NIL」等の文言の表記が一切認められておりません。

またD/R上に文言の記載がある場合は、弊社にて削除させて頂きます。
2016/1/20
Consignee欄には実際のConsigneeを記載する必要があり、仲介業者の記載は認められておりません。 -
BUSAN 品名欄に貨物の特定が不可能な品名の記載が認められないため、具体的な品名を記載願います。

 例)下記の記載は認められておりません。

  ・数字のみ

  ・記号のみ

  ・アルファベットのみ(品名となっていない場合)

  ・ブランド名のみ

  ・具体性に欠ける品名のみ(PARTS、ACCESSORY、GOODS, PRODUCTS、等)
-
VIETNAM 品名欄に「AS PER ATTACHED SHEET」、または「CONSOLIDATION CARGO」と記載し、
内容をPDF等のアタッチシートに記載することは、原則禁止であるとの通知がされておりますが、実際は下記の運用となっております。

ただし、今後の税関からの規制強化により、急遽不可となる可能性もございますことをご了承願います。

・「CONSOLIDATION CARGO」+「AS PER ATTACHED SHEET」と記載し+残りの内容をPDF等のアタッチシートに記載

問題無く税関での手続きが進められております。

・「AS PER ATTACHED SHEET」と記載し+残りの内容をPDF等のアタッチシートに記載

品名が短い場合は、税関で受理されない可能性がございます。

品名が長い場合は、アタッチシートへ移行し、問題無く税関での手続きが進められております。

またこの場合でも代表的な品名をD/Rに網羅し、その他の付帯情報(Invoice No.やSerial No.等)を
アタッチシートに記載する方法でない場合は税関により受理されないことがございます。

D/Rに全ての品目を記載頂いた後、弊社のB/L上の表示可能行数を超えたために、
アタッチシートに移動した場合は、税関データ上ではアタッチシートと認識されないため問題ございません。

品名欄のみへの規定ですので、Case Mark欄には制限はございません。

2013/8/1

HOCHIMINH経由ベトナム内陸向け輸出貨物(Port of DischargeがHOCHIMINH、Place of Deliveryがベトナム内陸地向け)の場合、
品名欄にB/L上のPlace of Deliveryの記載が必要となります。

(記載例)
Place of Deliveryが「TAN CANG HIEP PHUOC」の場合
品名欄に「FINAL DESTINATION : TAN CANG HIEP PHUOC」の記載が必要

記載が無い場合はHOCHIMINH港でのトランシップ手続きが認められませんので、ご注意をお願い致します。

こちらはHOCHIMINH経由ベトナム内陸向け輸出貨物のみ対象となっております。
HOCHIMINH経由の場合でも国際トランシップ貨物は対象外となっておりますので、記載の必要はございません。
またHOCHIMINH以外のベトナムの港を経由する場合も対象外となっております。

2013/8/6
INDONESIA 品名欄、及び Case Mark欄に「AS PER ATTACHED SHEET」、
または「CONSOLIDATION CARGO」+「AS PER ATTACHED SHEET」と記載し、
残りの内容をPDF等のアタッチシートに記載することが原則禁止となっておりますので、
全ての品目をD/Rの品名欄、及び Case Mark欄に記載願います。

D/Rに全ての品目を記載頂いた後、弊社のB/L上の表示可能行数を超えたために、
アタッチシートに移動した場合は、税関データ上ではアタッチシートと認識されないため問題ございません。

-
MAKASSAR
(INDONESIA)
上記INDONESIA向けの規定の他に、品名欄にHS Codeの記載が必要となります。 2016/2/16